本文へ移動

製品概要

アルミニウム押出製品

押出加工法は、用途に適合したいろいろなアルミニウム合金のビレット(鋳塊)を、さまざまな形状のダイス(金型)穴から強い力で熱間押出し、細長く展伸する方法です。
比較的軟らかな金属であるアルミニウム独特の加工法です。
どんな複雑な形状でも、ひとつの工程で容易に作れるのが特徴。当社は、創業以来培ってきた独自の技術を駆使して、多種多様な押出材を提供し、「押出の立花」として厚い信頼を得ています。

アルミニウム管引抜製品

引抜加工法は、押出機で作られた押出材を、先細りの穴を持つダイスを通して引抜き、管、棒の直径や断面積を縮小させる方法です。
アルミニウム合金によっては、冷間引抜加工と熱処理を施すことによって、鉄鋼に匹敵する強度を持たせることもでき、押出加工だけでは得られない高精度の細管、薄肉管を製造することができます。
当社では、丸管、丸棒をはじめ、種々の異形管を製造し、お客様のご要望にお応えしています。

アルミニウム押出 加工品

当社で製造する押出材、引抜材の加工をしています。各種の加工設備を駆使し、大きいものは手摺や住宅用建築部材の組み立てから、小さいものはヒートシンクの加工まで、設計を含めてトータルに行うほか、他素材との複合加工や、素材特性を生かす加工品の製造など、素材から加工品までの一貫生産を目指しています。
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
立花金属工業株式会社

〒503-1331
岐阜県養老郡養老町橋爪338

TEL(0584)32-1371
FAX(0584)32-1332

アルミニウム合金展伸材及びその加工品の製造・販売
TOPへ戻る